個人輸入代行のトラブル増加中

以前、円高が進んだとき、個人輸入がブームになった。
その時も日本では未認可の医薬品で体調不良を起こすという事故が相次いだ気がしたのだが、また同じようなトラブルが起こってるらしい。

個人輸入代行の業者が解約・返品対応しなというトラブルが増加していると国民生活センターが発表した。

主に、海外から輸入代行業者を通じて商品を輸入するときのトラブルが増えているそうだ。

クレームの内容としては、商品が届かない、解約や返金に業者が応じないといった内容が多い。
そのほか、国内未承認の医薬品成分が入った健康食品を食べて体調を崩すというケースもある。

国民生活センターに寄せられる相談件数は、2003年4月〜08年12月で計580件に上り、それ以降増え続け、05年度は101件、06年度144件、07年度166件となっている。

トラブルの例として、輸入代行業者を通して約50万円の化粧品の購入を申し込んだ女性が、その後、解約したいと代行業者に連絡したところ「こちらは手続きを代行しただけ。海外の販売業者に直接連絡してほしい」と言われたそうだ。

また、解約・返品や商品の未着といったケースでは、代行業者が対応を断るケースが多いらしい。
そうなると購入者が直接、製造・販売業者と交渉せざるを得ないが、言語や時差の壁があり難しいのが実情だ。

「個人輸入代行サービスに関する法規制は未整備で、トラブルが起きると解決は難しい。利用は慎重にしてほしい」と同センターは注意を促している。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。